• ホーム
  • 禁煙によって溜まるストレスの解消法

禁煙によって溜まるストレスの解消法

たくさんのタバコ

禁煙を始めても、すぐに再び吸ってしまい、長続きしないという悩みを抱えている方は多いものです。
そこで、どのような方法が効果的であるのかを事前に調べておくことが求められます。
禁煙を達成するためにポイントになるのは、自分の意志で禁煙するという決意をすることです。
他人に言われることで禁煙を開始するという方は多いのですが、心理学的に人間は人から言われたことを長続きさせるのは難しいと言われています。
当事者が煙草に対する気持ちを整理した上で、取り組まなければなりません。
ただし、気持ちを整理するためにもポイントがあります。
有効的なのは、理由を考えてみるということです
理由を考えるということは、自分のことを客観視する必要がありますが、難しく考える必要はありません。
本人を含めた家族や周囲の人々の健康維持や煙草代の節約、階段を上った際に息切れしたくないなどどのようなことでも良いのです。
効果的なのは、理由のみを考えるのではなく、加えて禁煙に成功した自分を連想してみるということです。
喫煙していると、つい無意識のうちに喫煙スペースを探してしまっているものです。
人間は、探しものをしている時に落ち着きがなくなってしまうので、常に喫煙スペースを探し求めているということは精神衛生上好ましくありません。
当然、禁煙している時は煙草を吸っていないことになるので、衣服や毛髪に臭いが付着してしまうこともないのです。
つまり、臭いにより周囲の人々に不快感を与えることが解消されます。
もちろん、タバコを持ち歩くことすらなくなるので、鞄の中にライターなどの喫煙具が散乱したり、葉が散らばり不衛生になるということもありません。
こうした事を具体的に考えてみると、効率的に禁煙できます。